タイ(チェンライ)でNGO支援プロジェクト

 

タイ山岳民族支援ボランティア

 


★4泊5日の体験コース
「4泊5日のボランティア活動のスケジュール例」は、休暇などを利用して参加しやすいように、NGOの活動見学&観光の要素も半分ぐらい入っています。

スケジュール例こちら

 


★長期
ボランティア(2週間以上
NGOのプロジェクトのお手伝いや小学校で日本語&日本文化を教える活動、山岳民族の支援を中心に活動するなどNGOのスタッフや外国人ボランティアと一緒に活動します。

・開始日(曜日の朝)、終了日(土曜日)

スケジュール例こちら


 

 




★ 航空券について

提携の旅行会社で格安航空券・学割・早割などの航空券を販売しています。お気軽に料金のお見積もりなどご確認ください。


格安航空券
学割・早割など


《提携旅行会社》

株式会社 エスティーエートラベル
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-40-13 池袋デュープレックスビズ12F
TEL:03-5391-2922
営業時間:月-金曜日10:00-18:00/土曜日 10:00-13:00/日曜日・祝祭日 休み

★航空券の料金など詳しくは、こちら


★到着後のスケジュール
▲空港出迎え
タイ山岳民族支援ボランティア
▲NGOまで車で送迎

タイ山岳民族支援ボランティア
▲NGOがスタッフの歓迎

タイ山岳民族支援ボランティア
山岳民族の家にホームステイ

タイ山岳民族支援ボランティア
▲ボランティア活動開始

4泊5日の体験コース》 スケジュール例

★4泊5日間滞在した場合の一般的な活動例です。
ボランティアの活動内容は、スケジュールや内容は現地の状況により変わりますので、ご了承ください。

NGO主催4泊5日プログラムは、別のプログラムになります。詳しくは、こちら


1日目―空港出迎え&オリエンテーション
午後

チェンライ空港出迎え⇒NGOへ(30分) ⇒オリエンテーション

チェンライ空港集合:9:30am

お勧めのフライト:バンコクエアウェイズ航空・PG231便(7:35amバンコク発⇒チェンライ8:55am着

※NGOの看板を持ったスタッフが迎えに行きます。

NGOの宿泊施設に宿泊
2日目―NGOと山岳民族の説明&NGOでボランティア活動
午前

7:00 NGOで朝食。

NGOの活動、山岳民族、村での生活についてのオリエンテーション。 

村でのマナーの説明。簡単なタイ語・山岳民族の言葉講座。

 

ラフ族の村にホームステイ

午後

12:00 バナナの葉弁当の昼食。
山岳民族手作りの水筒入れをプレゼント。

車で滝へ。滝での水浴び。ラフ族の村にある山岳民族博物館見学。
標高の高いラフ族の村を目指して登山(約1時間3キロ)。 村到着後、村内見学。
村での夕食。

3日目―山岳民族と交流
午前
7:00 村で朝食。
朝食後、村のガイドとともに山菜の収穫をしたり、竹ご飯を作ります。
アカ族の村にホームステイ
午後

12:00 竹を使いご飯を炊いて昼食。

竹のコップ作りの見学。コップはお土産でもらえます。
その後、アカ族の村まで登山。(約1時間30分) 村到着後、村内見学。
村で夕食。 その後、アカ族の踊りの鑑賞と参加。

4日目―他の山岳民族の村訪問
午前

村で朝食。

車でNGOへ。NGOでリラックスタイムを過ごしたり、フェアトレードショップでの買い物。

NGOの宿泊施設
午後
NGOでの昼食。車でカレン族の村へ。象に乗ってカレン族の村見学。希望があれば大きな蛇を持って記念撮影も可能(別料金) 。
ワットプラゲーオ(エメラルドの仏像が納められている北部で有名な寺)見学。地元の市場の見学と夕食。ナイトバザールの見学と買い物。レストランでの夕食。
5日目―NGOでボランティア&市内観光・帰国

午前

午後

NGOでの朝食。
日本語の授業と子どもたちとの交流ボランティア。もしくは他の活動。
例:NGOや村での施設建設、古着の仕分け、エコツアープロジェクトの日本語資料の作成、フェアトレードショップにて作業、チャイルドセンターでの子どものお世話、学校のペンキ塗り、オーガニック農場での農作業。

(注意:ボランティア活動の内容は、ボランティアさんの希望で選択はできません)

 

・現地解散

チェンライ空港へ車で送迎18:00(チェンライの街の中心部・バスターミナル18:30)。

※お勧めの帰国フライト:バンコクエアウェイズ航空・PG236便(19:50チェンライ発⇒21:10バンコク着)

 

成田空港利用の場合⇒TG642便・23:55バンコク発⇒翌日7:35成田着

 


2週間以上のボランティア活動のスケジュール例

★2週間滞在した場合の一般的な活動例です。
ボランティアの活動内容は、スケジュールや内容は現地の状況により変わりますので、ご了承ください。


1日目―空港出迎え&オリエンテーション
午後

チェンライ空港出迎え⇒NGOへ(30分) ⇒オリエンテーション
チェンライ空港集合:9:30
am

お勧めのフライト:バンコクエアウェイズ航空・PG231便(7:35amバンコク発⇒チェンライ8:55am着)
※NGOの看板を持ったスタッフが迎えに行きます。

NGOの宿泊施設に宿泊
2日目以降 山岳民族と交流&ホームステイ
午前
8:00 NGOの食堂で朝食。
8:30〜9:00 朝のNGOのミーティングに参加、自己紹介。
村に到着後、村の幼稚園見学、周辺の森林などの説明。
バナナの葉に包まれたお弁当の昼食。

 

山岳民族の家に
ホームステイ

午後
ラフ族の村にある山地民博物館と寺の見学。村人の話を聞く。
標高の高いラフ族が住むヤフー村へ。
ヤフー村に到着後、村内見学。
村人による夕飯作りのデモンストレーションと夕飯。
希望により、ラフ族の伝統的な踊りの観賞そして参加。
竹で作られた伝統的なシャワー室でその日の疲れを流す。
山岳民族と交流
午前
5:00 豚や鶏の鳴き声と共に起床。
山地民が入れたお茶を飲みながら、山々にかかる幻想的な霧の観賞。
村で村人と一緒に朝食。
村人の農作業の手伝い。村人に教わりながら、北タイ独自の山菜の採集。
NGOの宿泊施設に宿泊
午後
採れた野菜を使いおかずを作り、竹でご飯を蒸しての昼食。
村の小さな小学校の見学。
伝統的な精霊信仰をしているアカ族の村までトレッキング。
村内見学後、NGOへ戻る。
18:00 NGOの食堂で夕食。
19:00 小学校での活動の打ち合わせ。
小学校とNGOでボランティア活動
午前
8:00 NGOの食堂で朝食。
8:30〜9:00 朝の会議に参加。
車もしくは、バイク、徒歩で小学校へ。
9:00〜11:30 小学校で日本語や日本文化を教える(折り紙、歌など、特技がある人は、化学の実験やサッカー、バレーボール、バドミントン、ダンス、音楽、絵、図画工作などを教える)。
NGOへ戻る。
NGOの宿泊施設に宿泊
午後
12:00 NGOの食堂で昼食。
13:00〜15:00 オフィスで英語の翻訳のお手伝い。
15:00〜17:00 NGOのプロジェクトのお手伝い(建設作業や植林、古着の仕分け、山地民博物館やエコツアープロジェクトの日本語資料の作成など)。
17:00〜18:00 夕食作りのお手伝い。
18:00 NGOの食堂で夕食。
地元市場見学と大型スーパーマーケットで日用品の買い物。
小学校とNGOでボランティア活動、山岳民族の家にホームステイ
午前
8:00 NGOの食堂で朝食。
8:30〜9:00 朝の会議に参加。
9:00〜11:00 オフィスでの英語の翻訳のお手伝い。
11:00〜12:00 NGOのプロジェクトのお手伝い(建設作業や植林、古着の仕分け、山地民博物館やエコツアープロジェクトの日本語資料の作成など)。
山岳民族の家に
ホームステイ
午後
12:00〜13:00 NGOの食堂で昼食。
車もしくは、バイク、徒歩で小学校へ。
13:00〜15:30 小学校で日本語や日本文化を教える(折り紙、歌など、特技がある人は、化学の実験やサッカー、バレーボール、バドミントン、ダンス、音楽、絵、図画工作などを教える)。
子供と共に下校。村で夕食。
小学校とNGOでボランティア活動
午前
村で朝食。
7:00 子供と一緒に小学校に登校。
8:30 朝礼に参加。
9:00〜10:30 小学校で日本語や日本文化を教える(折り紙、歌など、特技がある人は、化学の実験やサッカー、バレーボール、バドミントン、ダンス、音楽、絵、図画工作などを教える)。 NGOへ戻る。
NGOの宿泊施設に宿泊
午後
12:00 NGOの食堂で昼食。
13:00〜15:00 オフィスでの英語の翻訳のお手伝い。
15:00〜17:00 NGOのプロジェクトのお手伝い(建設作業や植林、古着の仕分け、山地民博物館やエコツアープロジェクトの日本語資料の作成など)。
17:00〜18:00 タイ料理のレッスンを受ける。
18:00〜 お別れパーティー
最終日・帰国
午前

NGOのプロジェクトのお手伝い(建設作業や植林、古着の仕分け、山地民博物館やエコツアープロジェクトの日本語資料の作成など)。
16:00 NGO出発、車でチェンライの町へ
ワットプラゲーオ(エメラルドの仏像が納められている北部で有名な寺)、地元市場の見学と夕食 希望があればタイ伝統マッサージ(自己負担)に行くことが可能です。
車でチェンライ空港もしくは、バス停までお見送りします。

TG 2137便・チェンライ空港/20:25発⇒バンコク経由・日本へ帰国

 

インターンシップ・プログラム

タイ山岳民族支援ボランティア
▲象に乗って山道をトレッキング

タイ山岳民族支援ボランティア
▲山岳民族の子どもが通う幼稚園

タイ山岳民族支援ボランティア
▲小学校で日本語を教える

1991年に設立されたタイ北部のNGOでボランティア・スタッフとして、山岳地帯に住む山地民族(アカ族、ラフ族、カレン族、ヤオ族など)の支援活動を行います。

 

★主な活動内容


山岳民族の家にホームステイをした後、世界各国から集まったボランティア
たちと建設作業や植林、古着の仕分け、山地民博物館やエコツアープロジェクトの日本語資料の作成、日本語のWEB作成、英語ができる人は山地民に英語を教える、山岳民族の子供たちが通うチャイルドケア・センター(保育園)で子どもたちと遊んだり、小学校や高校へ行って日本語・日本の文化を教えたりします(特技がある人は、化学の実験やサッカー、バレーボール、バドミントン、音楽、絵、図画工作、折り紙などを教えることもできます)、また、病院で入院している子どもたちの遊び相手などNGOの活動を多彩な分野で支援します。

 

★活動の目的

このNGOは、タイ社会の中でマイノリティーである山地民が偏見や差別に遭うことなく、豊かな可能性を発揮できる社会をつくり、低地民と山地民がそれぞれの文化や価値観を認め合い、共に学び共に生きることが可能な社会をつくるを目的にして活動しています。

★出発日について

2週間以上の場合は、月曜日の朝に到着するようにお願いします。

4泊5日の場合は、決められた日程日に到着をお願いします。

 

《Eメールで届いた質問》

女性一人でも参加でしょうか?


このプログラムの参加者の約80%は女性です。山岳民族の村の基本的なルールを守っていれば大丈夫です。出発前に「山地民の村でのマナーとルール」という資料を差し上げます。また、タイ到着後、日本人スタッフがオリエンテーションで注意事項など詳しく説明します。

 

・注意事項の例

1.山岳民族の村では、村人の文化や習慣を尊重してください。
2.村人を写真に収めたい場合は、本人に一言断ってから撮ってください。
3.子供たちや村人にお金をあげないでください。
4.村内で出たゴミを村のゴミ箱に捨てないでください。
5.もし、恋人同士でエコツアーに参加した場合、同じ団で寝ることや村人のいる前でのキッスは控えてください。

 

東京デスクの個別カウンセリング(予約制/無料)

お電話での相談も受付ています


  • バンザイ・インターナショナル
    〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目3-9 秀和目黒駅前604
    アクセス> JR山手線・東急目黒線・南北線/目黒駅から徒歩5分
    Mail: info@banzai-international.com TEL:03-6273-0251 
    ■営業時間:月〜金/AM10:00-PM7:00 土・日・祝日は定