韓国で日本語教師ボランティア

韓国で日本語教師のボランティア活動をする

Q & A

●宿泊施設(ホームステイとゲストハウス)とはどのようなものですか?
★ホームステイの例
▲ホームステイの部屋、ゲストハウスよりは広い
★ゲストハウスの例
▲ゲストハウスの部屋の例/部屋は狭い(3畳くらい)

▲部屋にインターネット回線がある

▲共同の冷蔵庫の中の食品は自由に食べることができる

▲共同のキッチンやラウンドリーがあり自由に使用できる

韓国の宿泊先は、ホームステイとゲストハウスの2種類あます。ホームステイは、普通の家庭に滞在しますので、朝夕の食事がついています。ゲストハウスは、韓国人の大学生や留学生が滞在先として利用しています。一人部屋ですが、色々なタイプの部屋があります。

 

■ホームステイ

韓国の家庭にホームステイすることができます。食事は朝食・夕食が付いています。

現地スタッフ(女性)の家の部屋が空いていますので、現地スタッフの家にホームステイすることも可能です。

ホームステイの費用は、月〜金の朝夕食付(土日は食事なし・自炊可能)で、1週間で30万ウォン(約30,000円)、2週間で50万ウォン(約50,000円)、3週間で70万ウォン(約70,000円)、4週間で80万ウォン(約80,000円)です。

 

ホームステイの注意事項とルール
・食事は、 朝食と夕食が付いています(ラーメンやコーヒーは自由に飲食できます)
・土・日の食事は付いてない場合が多く、各自で自炊することができます。
・家の鍵を紛失した場合、 鍵を作る費用として3万ウォン(約3,000円)くらいかかります。
・韓国の洗濯機は大型のものが多いので、洗濯はホストマザーがご家族の衣類と一緒に洗濯してくれますが、ご自分で洗濯していただいても大丈夫です。洗濯については、ホストマザーに相談してみてください。
・シャンプーやリンスー、タオルなどは個人の物をご持参ください。
・外泊する場合は、あらかじめホストマザーにお伝えください。
・知り合いを自分の部屋に宿泊させることはできません。
※4週間以上滞在することは可能です。費用は、1日延泊につき3万ウォン(約3,000円)です。

 


 

■ゲストハウス

韓国には、ゲストハウスがたくさんあます。部屋は一人部屋ですが、部屋によってシャワートイレが各フロア共同だったり、個人の部屋についていたりと様々です。

 

食事は朝・夕2食がついているところもあれば、ご飯やラーメン、卵などが常に常備されおかずは各自で用意して食べるシステムのところなど、物件によって異なります。

 

ゲストハウスの部屋は狭い(一人部屋・3畳くらい)のですが、冷蔵庫やインターネット、ベット、トイレシャワーなど必要なものがコンパクトに揃っています。

 

写真はゲストハウスの例です。部屋の中にシャワートイレがあります。テレビや布団がついていて、台所が使えます。いつでもキムチやラーメン、卵、ご飯を食べることができます。


部屋は狭いですが生活に必要なものは揃っています。

 

・ゲストハウスの例

・ゲストハウス名: J-guesthouse
一人部屋:1泊:5万ウォン(約5,000円)、2週間で63万ウォン(約63,000円)、4週間で119万ウォン(約119,000円
ボランティアをする学校までバスで20〜30分。

 

・ゲストハウス名: ドリーム・ビル・ウォンルムテル

一人部屋:2週間で35万ウォン(約35,000円
ボランティアをする学校までバスで20〜30分。

★ドリーム・ビル・ウォンルムテルに宿泊した人の感想

ドリームテルは管理人さんが親切で、いつも困ったことはないかなど気にかけて下さいました。シャワーの水圧も強く、お湯も出るので良かったです。トイレは共同でしたが、特に不便だと感じたことはありませんでした。大学路は食べ物屋もたくさんあり、スーパーもあり、地下鉄バス乗り場も近いので非常に過ごしやすかったです。

 

ホームステイに滞在した人の感想

 

▲ホームステイでチマチョゴリを試着

私は初め滞在先をホームステイにするかゲストハウスにするか迷っていました。どちらも経験したことがなく魅力に感じましたし、料金もほぼ変わりません。しかし、ホームステイの評判が良いと、お話しを聞いたことをきっかけに、そちらを選ぶことにしました。初めてのホームステイは、迷惑をかけないようにしようと、少し緊張しましたが、本当に親切に接していただいて、すぐに本当の家のような場所になりました。

 

ホームステイの良い点は、毎日ご飯を作っていただき、家庭の韓国料理を楽しむことができます。また、私は韓国語ができないのですが、日本語で会話していただけるため、何かあったらすぐに話せるし、生活のことはもちろん、ソウルの交通や観光地、プライベートな話まですることができて楽しかったです。
時には簡単な韓国語を教えていただき話せた時には、韓国語で会話ができる喜びを感じることができました。そして家でチマチョゴリを着せていただいた時は本当に嬉しかったです。

 

私が2週間安心してボランティア活動ができたのは、ホームステイに滞在し、ホストファミリーの支えがあったからだと思います。本当に感謝しています。

 

●日本語教師として就職のチャンスはありますか?

ボランティア活動中に日本語学校から実力があると認められた場合は、日本語教師として学校に採用され、ビザや給料がもらえるチャンスはあります。日本と比べても韓国はもっと学歴社会なので、日本語教師になる場合は、4年制大学卒以上の学歴が求められます。
ボランティア参加者の中にはプロの日本語教師になり、韓国で日本語を教えている人が何人かいます。韓国の方と結婚して韓国で日本語教師をしている人もいます。

なお、有給で働く場合は、ワーキングホリデービザ(H-1)を会話指導ビザ(E-2)に変更することになります。

 

●給料はもらえますか?

このプログラムは、日本語教師の先生のアシスタントをするので、無給のボランティア活動です。
もし、生徒からの人気と実力があれば会話指導ビザ(E-2)を取得して有給で働くことも可能です。

日本以上に実力社会なので人気があれば、個人レッスンなどで教えることも可能です。

 

●滞在中の生活費はどのくらい必要ですか?

ホームステイに滞在した場合の費用は、月〜金の朝夕食付(土日は食事なし・自炊可能)で、1週間で25万ウォン(約25,000円)、2週間で45万ウォン(約45,000円)、3週間で65万ウォン(約65,000円)、4週間で75万ウォン(約75,000円)です。

ゲストハウスを利用した場合、朝食付きで、2週間で4〜7万円、4週間で5〜12万円程度です。

 

お小遣いは個人差がありますが、ホームステイやゲストハウスで朝夕食を食べていれば、あまりかかりません。
週末、日本語学校の生徒さんと一緒に飲みに行った場合は1回2,000〜3,000円程度です。日本より少し安く、焼肉など美味しいものをたくさん食べることができます。


●韓国語ができないのですが大丈夫でしょうか?

日本語を教えることに関しては、日本語だけで教えますので韓国語ができなくても問題はありません。
直接法で日本語を教えますので、面接の合格基準として韓国語ができるできないは関係ありません。

●韓国語のレッスンを受けることは可能でしょうか?

ソウルの事務所で韓国語の個人レッスンも可能です。
韓国語の教師資格を持っている韓国人の先生が教えます。
韓国語のレベルは、初級から上級まで対応していますが、特に初級の方は日本語でも説明しますので、個人レッスンをお勧めします。ボランティア活動の時間に合わせて、授業時間の調整します。また、韓国の多様な文化も分かりやすく説明します。

 

◎個人レッスン
費用:1回(90分)35,000ウォン(約3,500円)
韓国語のレベル:初級から上級まで
※ボランティア活動の時間に合わせて、時間の調整可能です。

 

・スケジュールの例
14:30〜16:00/韓国語レッスン
18:00、19:00前後〜/日本語教師ボランティア

 

●日本語教師ボランティアに参加する目的は?

将来、日本語教師になりたいという希望をお持ちの方は約半分です。その他、将来韓国に関わる仕事をしたいや韓国の人たちと友達になりたい・交流したいという参加理由の人も多いです。

最近、韓国に留学やワーキング・ホリデー、企業研修で来ていて、時間があるのでボランティア活動をしたいという理由で、韓国から日本語教師ボランティア・プログラムの申込をする人もいます。

 

日本語教師になりたいが、自分が本当に日本語教師に向いているのか!?を確認・判断するためにボランティアに参加する人もいます。日本語教師に関する資格を取る前に日本語教師の現場を見て、プロの先生から日本語教師のやりがいや待遇など聞いてから、お金と時間を掛けて資格を取るのも1つの方法だと思います。

 

参加者は、20代の女性が一番の多いです。最近は、大学生や男性の参加者も増えてきました。

 

 

  • バンザイ・インターナショナル
    〒141-0021 東京都品川区上大崎3丁目3-9 秀和目黒駅前604
    アクセス> JR山手線・東急目黒線・南北線/目黒駅から徒歩5分
    Mail: info@banzai-international.com TEL:03-6273-0251 
    ■営業時間:月〜金/AM10:00-PM7:00 土・日・祝日は定