おしらせ

■海外留学中の方からのお申込が増えています(海外からの申込について)

 

海外の大学に留学している人からのお申込が増えています。 特にアメリカの大学に留学している人からの申込が多いです。カナダへ留学している人からもNGOや福祉施設のボランティア・プログラムについての問合や申込もあります。

毎年、4月〜8月の期間に参加する人が多いです。

海外に滞在していて、英語力がある人でも自分でNGOや福祉施設と交渉して、ボランティアやインターンシップの手続きをするのは大変です。また、大学の勉強が忙しくて、手続きや交渉をする時間がないという方もいます。

海外からのお申込は可能ですが、申込方法や料金は日本でお申込になる場合と同じになります。プログラム料金は原則日本円での支払になりますが、アメリカとカナダは、ドルでの清算も可能です。ドルでの清算を希望する方はお申し出ください。

当社とのやり取りはE-mailが主となります。

 

◎下記のアメリカの大学に留学中の方々からお申込がありました。

University of California・Berkeley

University of North Carolina

Lee University

University of Rhode Island

Lewis and Clark College

University of Colorado

St. Cloud State University

University of Florida

University of Oregon

University of California, San Diego

など

 

・注意事項

留学中のアメリカの大学の単位認定のための参加はご遠慮いただいています。大学の単位認定の場合は、NGOと直接交渉をしてインターンシップの受入手続きを行ってください。


 

▲アメリカの大学に留学中にNGOのインターンシップに参加する人が多い(夏休みや帰国前のビザの猶予期間を利用するケースが多い)。

 


▲海外の幼稚園・保育園でボランティア(参加者には保育園・幼稚園の先生も多い)

 

就活のアドバイス

 

アメリカの大学に留学している人でNGOのインターンシップに参加が多いのです。

 

外資系企業や日系の大企業に就職したいのでしたら、海外の大学に留学(交換留学)して、大学が休みの期間にインターンシップをして、海外で行われているキャリアフォーラムに参加して就活する方法が良いと思います。

 

当社のインターンシップ・プログラムに参加している学生さんで、今までに多くの方が海外で行われているキャリアフォーラムで日系の大企業や外資系企業から 内定をもらっています。ボストン・キャリアフォーラムなどの日英バイリンガル就職イベントには、外資系企業から日系トップ企業まで多くが出展しています。 期間中(2、3日)に内定をもらえることが多いです。

 

日本国内で行われる就職活動に比べると、競争率が低く短期集中型なので、海外の大学留学生だけでなく国内からもこのイベントに行く学生もいます。

 

カウンセラーより

■当社の海外ボランティア&インターンシップが大学の単位として認められるケースがあります(大学に提出する書類の記入について)

 

★大学の単位として認められるケースもある
大学の単位として認めてもらうために大学に提出する書類がある場合はお申し出てください。書類を記入いたします。早稲田大学や東京大学・大学院、山口大学医学部、横浜市立大学、日本大学、明治学院大学、福祉大学、大阪外国語大学、玉川大学、武庫川女子大学などで、当社のインターンシップ&ボランティア・プログラムが単位として認められたケースがあります。単位認定を希望する場合は、学部や学科によっても申請内容が違いますので、単位認定が可能かどうかを大学に確認してからお申込ください。
書類によっては記入できないものもありますので、大学に提出する書類がある場合は必ずお申込前に必要なものをお伝えください。なお、当社は大学の書類を記入しますが、単位認定を保障するものではありません。単位が取得できない場合、その責任を負うとはできかねますので、予めご了承ください(日本の大学が対象となります)。